◆設立の趣旨◆

 東京都日野市落川・百草の地域は、都心からのアクセスが1時間圏内でありながら、田んぼ・畑・用水路が残る自然豊かな地域です。また、代々続く地元住民、昭和高度成長期に移住してきた世代、平成・令和の子育て世代がともに暮らす町です。
 しかし近年は宅地開発が進み、田んぼや畑は宅地に代わり、豊かな自然は意識して守っていかなければ消えゆく運命にあります。子どもたちは、屋外でのリアルな体験・経験を繰り返して育つことができません。また、都市化が進む中で個人志向が強まり、地域住民同士のつながりが希薄になり、子育ての孤立、老人の孤独などの問題も起きています。
 このような地域の中で起こる様々な課題を解決するためには、市民自らがアイデアを出しアクションを起こしていくことが必要です。これまでのように行政に解決を求めるだけではなく、行政と協働して、むしろ率先して動く市民の力こそが、町の環境を変える原動力になると信じています。
 2004年、わたしたちの町に落川交流センターという公共の施設が生まれました。この施設を拠点に、地元自治会と複数の市民活動団体が協働で、地域の交流活動促進を目的に、任意団体「落川交流センター運営委員会」として活動してきました。収穫祭やもちつきなど、年数回の地域交流イベントを行ったり、地域防災のための炊き出し訓練や非常時の備蓄としての薪割なども行っています。
 これまで、一つの施設を拠点に複数の任意団体がそれぞれの課題解決のために活動してきました。そのような実績ある複数の団体が集うことで、効率的・継続的により幅広い活動ができると考え、わたしたちは特定非営利活動法人となることを決意いたしました。
 わたしたちは、この町が、地域で多世代の交流がますますさかんになり、老後住みやすい町、ワーキング世代にとっては週末のんびり過ごせる町、子育てしやすい町、そして子どもがのびのび育つ町となるよう、特定非営利活動法人を設立し、落川交流センターを拠点とした事業を展開していきます。

◆団体概要◆

団体名称特定非営利活動法人 おちかわの里
所在地東京都日野市落川1400番地
設立年度2020年12月21日 法人設立
代表理事澤村 あゆみ
理事馬場 寛明
塚本 妙子
高野 哲郎
高野 久美子
伊藤 完
監事阿江 範彦
定款東京都生活文化局のページ
設立の経緯1999年 5月 任意団体「地域にプレーパークをつくる会 どろんこの国」発足
2004年 4月 落川交流センター 開所  任意団体「落川交流センター運営委員会」 発足
2009年 4月 任意団体「TANBONOWA」発足
2013年 5月 任意団体「ねっこぼっこ落川」発足
2020年 3月 落川交流センターの都市公園化の件を日野市関係部署にヒアリング
2020年 6月 特定非営利活動法人おちかわの里 第1回発起人集会 開催
2020年 8月 特定非営利活動法人おちかわの里 設立総会 開催

◆どんなことやってる?◆